沿革

 

明治 6年 各所で寺院を借用し、住職が教育をする。
明治 9年 須賀の積善寺を借用し、村内の児童を教育する。
明治13年 権現村、須賀村、川北村、3ヶ村の組合学校をつくる。
明治14年 須賀村の中央に、はじめて校舎を新築し授業をする。
明治17年 9月 新屋庄に分教場をおく。
明治25年 川北に新築校舎完成(建坪76坪、5教室)
明治26年 3月 第1回卒業式を挙行する。
明治40年 校地移転、新校舎建築を議決する。
明治41年10月 1日 落成祝賀会 学校創立記念日とする。
大正 6年10月 2教室増築
昭和16年 4月 豊田村国民学校と名称変更
昭和22年 4月 豊田村立豊田小学校と改称 六三制義務制実施 嬉野中学校豊田分校併設
昭和29年 4月 校舎一部移転改修及び講堂新築の落成式
昭和30年 3月 嬉野町立豊田小学校と名称変更
昭和44年 2月 特別教室(音楽・図工)完成
昭和47年 6月 プール完成
昭和54年 3月 新校舎落成
昭和57年11月 屋内運動場落成
昭和57年11年 文部省指定の「体力つくり」の研究発表を行う。
昭和58年11月 日本学校体育研究連合会により、保健体育の指導研究優秀校として表彰を受ける。
昭和59年 6月 校舎北側の三角地に盛り土をして、畑地を造成 児童の勤労生産学習の場として利用
昭和63年 1月 職員室北側に資料室完成
平成 3年 2月 運動場拡張工事および体育小屋移転工事完成
平成 4年 9月 プール建設落成 (3ヶ年)
平成 4年10月 文部省指定「心身障害児理解推進」の研究発表会
平成 5年 地域とのふれあい教育活動推進校に指定される。
平成 7年 学校図書館地区奨励賞を受ける。
平成 8年 東海三県学校図書館奨励賞総合優秀賞を受ける。
平成 9年 豊かな自然体験活動実践モデル校(県指定)
平成11年 町指定研究発表
平成15年11月 町指定研究発表
平成18年 文科省より「児童生徒の心に響く道徳教育推進校」に指定される。
平成19年11月 文科省指定「児童生徒の心に響く道徳教育」の研究発表
平成20年 4月 津地方法務局より「人権の花運動実施校」に指定される。
平成22年 4月 「嬉野中学校区学力向上推進プロジェクト事業」市指定(2年間)
平成25年 5月 耐震性貯水槽設置
平成26年 8月 体育館壁面改修
平成27年 9月 多目的トイレ、シャワールーム増築
令和元年 9月 普通教室、特別教室に空調設備設置
令和 2年 音楽室床面改装
令和 3年 三重県より「人権教育総合推進地域事業」推進校に指定される
令和 4年 コミュニティスクール(学校運営協議会を設置した学校)となる